derion’s diary

世界中の車好きと共に

マツダ REPU

 

 今回は、私も初めてこの車の存在を知りました。

 

マツダ REPU

 

f:id:derion:20210711154443j:plain

マツダ REPU

1974年に登場。

東洋工業が海外専用車として製造販売した

ロータリーエンジンピックアップトラックです。

かなり驚きました。

今は無きマツダロータリーエンジンを搭載している!!

カスタムカーではなく、自動車メーカーが正規に販売したモデルだそうです。

 

1965年に登場した初代プロシードの後継車という生い立ち。

 マツダの乗用車用としては最大排気量となる654cc×2ローターの13Bを

搭載したモデルがREPU。 

ROTARY  ENGINE PICKUP の略称です。

フロントにディスクブレーキが奢られ、ミッションも5速MTや3速ATも

選べるモデルでした。

トラックな車に、乗用車のパーツをぶち込む、そんな車です。

こんなにも昔から「走りにこだわるマツダ」だったんですかね。

1977年ごろにオイルショックや、後継車の誕生により絶滅。

f:id:derion:20210711160936j:plain

マツダ REPU

丸目ライトがカワイイ。メッキパーツの使い方、少なさもderion好み。

エンブレムはロータリーのおにぎり型?なんでしょうか。

ちなみに、このロータリーエンジンは13Bと言われるもので、排気量は1308㏄です。 

自動車税を払う場合、何と1.5倍増しの計算により、1950㏄となります。

約5000円ほど加算されてしまいます。お気を付けください。

 

 

現在、海外仕様ですがマツダピックアップトラックは生きています!!

さすがにエンジンはロータリーではないようです。

f:id:derion:20210711161727j:plain

マツダBT-50

昭和から令和の君へ。

ロータリーエンジン カムバック!! 

 

愛のロータリー derionでした。